• Tomoko

世界遺産ゴンドワナ多雨林保護区のスプリングブルック国立公園


ゴールドコーストに私たちを訪ねて来てくれるお友達やお客様、日本に住んでる家族にも人気なのがこの森、スプリングブルック国立公園。

森にピクニックに行こう!って誘ったら、お買い物のほうがいいなーとか、カフェでゆっくりしたい!とか言われる方もいますが、連れて行ったら必ず感動してくれる不思議な森が、スプリングブルック国立公園。また次も連れて行ってね!ってお願いされます。

もう長くゴールドコーストに住んでますが、たまに訪れてアーシングしたい気分のときは、お弁当を持って出かけます。この森の中で食べるお弁当が最高なんです。子供たちも大自然の中でのびのびと身体を動かし、新鮮な空気を吸って、植物を観察して、みんなでスッキリして森から帰ってきます。

今回は、ゴールドコーストで一番有名なエコガイドの藤井慶輔さんに、スプリングブルック国立公園について教えていただきました。

藤井さんはオーストラリアで4人しかいない、エコガイド査定官(エコガイドを認定できる資格)の一人です。

その中でも日本人は藤井さんだけ。

日本から、取材の依頼が来た際には必ず彼がガイドをします。

オーストラリアだけでなく、日本からも講演や、セミナー依頼がくるすごいガイドさんです。

彼と一緒に森を歩いた方々は、とっても感動して、また必ず行きたいと言います。

スプリングブルック国立公園は自分たちでいっても感動しますが、森のスペシャリストと行くと、奥深い自然の魅力が200%楽しめます。

ガイドがあるのとないのとでは、見える世界が全く違ってきます。

ただの「森」、ただの「山」ではなくなりますよ。

ゴールドコーストに来たら、絶対に出会ってもらいたいガイドさんです。

以下、カリスマエコガイド、藤井さんからのメッセージです。

美しいオーストラリアは世界で12物件もの「UNESCO世界自然遺産」を所有する国であり、世界に先駆けエコツーリズム国家戦略を立ち上げた国でもあり、世界で最も国立公園を所有する国です。その数は600箇所を超えます。

そしてゴールドコーストは手つかずの大自然に囲まれています。ゴールドコーストの世界遺産の中で唯一「ゴンドワナ」の名前を冠する世界遺産でもあります。

その理由はみなさんをお連れする森の生態系は、植物学・古生物学・遺伝子学などにおいて古のゴンドワナ超大陸起源と断定されたからです。

過去のオーストラリアや地球の息吹に触れてみませんか?

自分の持っている遺伝子の遠い過去の世界に浸ってみませんか?

きっと「見る」以上に魂の鼓動が地球と共鳴をするはずです。

ゴンドワナ超大陸とはプレートテクトニクスにおいて、過去に存在したと

考えられています。現在のアフリカ大陸、南アメリカ大陸、インド亜大陸、南極大陸、オーストラリア大陸や、アラビア半島、マダガスカル島を含んだ、かなり大きな大陸でした。

ゴンドワナ大陸、約6億年前に、ロディニア大陸が分裂して誕生。北半球の低緯度地域から、南極まで広範囲に広がる世界でした。また、石炭紀に当たる、約3億5000万年前から3億年前には、地球が寒冷化したため南極付近に大規模な氷河が発達しましたが、それ以外の時期はおおむね暖かかったため、氷河は存在しませんでした

その後・・・

石炭紀の後期(3億6700万年前から2億8900万年前までの時期)には、ゴンドワナ大陸は北上して、赤道付近にあったローラシア大陸と衝突し、パンゲア大陸の一部となり、さらに数千万年後にはパンゲア大陸はシベリア大陸とも衝突し、地球上のほぼ全ての陸地が1つの超大陸となった時代もあるそうです。

しかし、ジュラ紀中期の1億8000万年前頃になると、パンゲアは再びローラシア大陸とゴンドワナ大陸に分裂。

さらに、ゴンドワナは現在のアフリカ大陸、南アメリカ大陸などを含む西ゴンドワナ大陸と、南極大陸、インド亜大陸、オーストラリア大陸を含む東ゴンドワナ大陸へと分裂し、いまの世界地図に載っている現在の大陸配置が成立しました

その壮大な地球の歴史を歩きましょう。

ツアーで行く世界遺産ゴンドワナ多雨林保護区のスプリングブルック国立公園では、阿蘇の直径2倍にあたる南半球最大のカルデラ死火山を一望したり、南極の森に入ったり、滝の流れる裏側を散策したり、恐竜時代の森に入ったり、コアラの住むユーカリの森に入り本物のユーカリの香りを体験したり。先住民族の息吹も感じることができます。

森と共鳴するコツは6感まで研ぎ澄ますこと。

そのコツは

1:目で観る=視界にはいるものを受け止めるだけではなく、自分から木の幹や

葉の形の違いなど細かい部分をみてみましょう。。

2:耳で聴く=目をつむって耳をすませば・・・・水の音や葉の擦れあう音、

生き物の気配などの自然の声に敏感になれます。

3:肌で感じる=木の表面や気候の変化を感じてみよう。でもかぶれる葉っぱや植物もあるから木を触るのはガイドさんが許可したものだけにして下さいね。

4:香りを嗅ぐ=歩いている時も立ち止まった時も自然の中です。その自然の息吹を深呼吸をしたり、香ってみて下さい。

5:出会いを作ろう=皆様が、自然の中で体験する全てが出会いです。葉や樹や滝やその場の空間と心の中で会話をしてみましょう。そして自分の中で一番印象に残るものを探してくださいね。

6:発見をしよう=ツアーにはお疲れになって参加される方も多い 苦笑^0^。目を凝らして、耳を凝らして、感覚を凝らして、いろいろ発見を楽しんでみはいかがでしょうか?発見する楽しみは元気になる元ですよ。そして発見をしたら、周りの方々と分かち合ってくださいね。

7:意識しましょう=大切な事は意識をする事です。見る事も聞く事も感じる事も意識を持つとしばらく使っていなかった感覚の回路をひらくことができます。意識をするとより鮮明に自然を感じます。

そうすれば「ただの森」が「宝の森」に感じるようになります。

エコツアーの場合は『自然解説・自然通訳』をします。自然解説とは、動植物の説明など外面だけではなく、世界遺産や大自然そのものの裏にある大切なメッセージを伝えます。

参加者の心に価値を感じる「楽しさ」、「感動」、「驚き」、「不思議さ」、「発見」、などこの場にいる『奇跡』をお客様自身で感じたり、気づいたりする事ができるようになることが望ましいです。

せっかくの世界自然遺産めぐり・・・見て帰るだけではもったいない。私たちエコガイドが培った経験を元に世界遺産の楽しみ方をご紹介します。聞いた事は忘れていきますが体験した事は忘れません。何よりも皆様が体験する事が大切です。

ゴンドワナ多雨林とともに皆様をお待ちしてます。

エコツーリズムオーストラリア協会認定エコガイド査定官

藤井慶輔


81回の閲覧
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • White Instagram Icon

About Us

ゴールドコーストでブランディング会社を経営している女性3人の起業家
ゴールドコーストに遊びに来たいお客様から「Rebornの3人がブログなどに載せているような素敵な情報のHPがあればいいのに」
​というリクエストからこのサイトを作りました。
​オーストラリアの良さをもっと多くの方に知ってもらうきっかけになれば、うれしいです。
Rebornmylifestyle

© 2018 Reborn in Australia