• Akemi

Reborn流バイリンガル教育#3 Award


オーストラリアでは1月から新学年が始まります。

だから、ちょうど11月末に卒業式があります。

それに合わせて、各学年で頑張った生徒を表彰するAwardという表彰式があります。

学校により、表彰の種類や選考方法は様々です。

息子が通っている学校では、成績優秀者、リーダーシップ、スポーツ、音楽、日本語、今年一番飛躍した人という6つの賞がありました。

どの賞も、先生方が真剣に話し合い決められます。

特に成績優秀者は、すべての勉強をデータ化し、分析して出されます。

ちょっと難しい言い方をすると、「絶対評価」です。

一方、今年一番飛躍した人は、その人がどれだけ努力し伸びたかが焦点となるため、お勉強ができない子でももらうことができます。

「相対評価」ですね。

私は個人的に「絶対評価」と「相対評価」は両方必要だと思っています。

一番になった子も賞賛される、努力した子も賞賛される。これを正しく認識していくことで、他人をRespect(尊敬)し、認めることができるからです。

今年息子は、はじめてAwardをもらいました。

日本語です。

普通、日本語の賞は両親が日本人の場合は外されることが多いのですが、今年は先生の強い推薦で、いただくことができました。

両親が日本人でも、本人は日本語力を維持するために、他の子よりも何倍も努力している。そのことをちゃんと評価したいとのコメント付きで賞をいただき、親としてもありがたかったです。

週に1度の日本人学校でも、漢字が増え、行きたくないということが多くなってきていましたが、この賞をもらい、とても自信がつきやる気になっています。

教育って、何かを教えることだけじゃなくて、子供たちのやる気をうまく引き出すこと (Encourage) が一番大切だなと改めて感じました。

2018年の年の瀬に、皆さんも今年の自分を振り返ることがあるかもしれません。

そんな時は、必ず「絶対評価」だけでなく、「相対評価」もして、自分自身をまず認めてあげてくださいね。


67回の閲覧
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • White Instagram Icon

About Us

ゴールドコーストでブランディング会社を経営している女性3人の起業家
ゴールドコーストに遊びに来たいお客様から「Rebornの3人がブログなどに載せているような素敵な情報のHPがあればいいのに」
​というリクエストからこのサイトを作りました。
​オーストラリアの良さをもっと多くの方に知ってもらうきっかけになれば、うれしいです。
Rebornmylifestyle

© 2018 Reborn in Australia