• Akemi

オーストラリアの現状


ここのところ、オーストラリアでは矢継ぎ早に経済対策が発表されています。

いよいよ本格的に、ロックダウンに入るのかな。

日本のニュースを見ていると、ほかの国と少し温度差があるように感じます。

2週間前前は、私たちもそんな感じでした。

きっと日本もそう遠くないうちに、同じような状況になるんじゃないかな。

現在のオーストラリアは、全世界からの入出国が禁止されています。

州境も封鎖されたので、行動できる範囲がかなり制限されています。

ほかの国から帰国した場合は、2週間の隔離。

州をまたいで移動した場合も、2週間の隔離になるところもあります。

必要最低限どの店しか開いておらず、レストランやカフェはテイクアウェイのみ。

2人以上の人と集まることも禁止されています。

基本的に用がない場合は自宅待機となりますが、経済を回すことも大切。

だから、大好きなカフェや近所のお店にテイクアウェイに出かけます。

お店では、床に印が描かれており、1,5メートル以上の距離を確保するよう注意されます。

スーパーのレジも同じようになっています。

まだ、ピリピリしている雰囲気はありませんが、本格的ロックダウンがヨーロッパのように始まるとストレスも多くなるかなと思います。

フランスに住んでいる友達は、これを機に鶏を飼い始めたそうです。

自宅でいつでも卵がとれるように。

こちらでも、自宅でお野菜を植える人が増えたそうです。

ガーデニングの時間もたっぷりあるし、緑に癒されるし、何よりも食べられる。

たくさんとれたお野菜を、分けてくれる友達もいて、人とのつながりが大切だなと感じました。

ドイツに住んでいる友達からは、買い物に行く回数を少なくするための工夫をアドバイスしてもらいました。

野菜はゆでて冷凍したり、肉もベーコンやソーセージがちょっとあるといざという時便利だと。

ドイツでは、スーパーに入れる人数も制限されていて、二人でお買い物などはいけないそうです。

近所の人と助け合って、交代で買い物に行ったりしているそうです。

ヨーロッパは状況が深刻なだけに、対策も厳しく、生活状況など聞くととても参考になります。

もちろんこんな時期だからこそ、お家にいてできることを考えるのもいいですよね。

どうしてもインターネットに頼りがちになってしまうので、次回のブログではお家でできることを書いてみますね。

散歩はまだ許されているオーストラリア。

自然の中にいると、空の色の移り変わりや、雲の流れ、海の青さに癒されます。

恵まれているなあと改めて実感する毎日です。


41回の閲覧
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • White Instagram Icon

About Us

ゴールドコーストでブランディング会社を経営している女性3人の起業家
ゴールドコーストに遊びに来たいお客様から「Rebornの3人がブログなどに載せているような素敵な情報のHPがあればいいのに」
​というリクエストからこのサイトを作りました。
​オーストラリアの良さをもっと多くの方に知ってもらうきっかけになれば、うれしいです。
Rebornmylifestyle

© 2018 Reborn in Australia