Australian Wine #1 『Stonier』Food Matching編


今回は、Stonierの美味しさを引き出す相性のいいお料理をご紹介します。

まずはChardonnay。

サッパリした味わいながら、程良く酸味もあり、洋風から和食まで幅広く合います。

イタリアンならトマトのブリスケッタ。

バルサミコ酢は使わず(本来使わない)、トマト、バジル、パセリ、ガーリックをオリーブオイルで合わせ、塩、黒胡椒で味を整えます。トマトは種を取り除き、無駄な水分が出ない様にしてくださいシンプルなブルスケッタが合います。

お刺し身も良いですが、和風のカルパッチョも美味しいです。

オリーブオイルと三杯酢を合わせ、ドレッシングを作り、ロケット菜、ベビースピナッチ等の上に刺し身用の切り身(白身が良いですが、サーモンもOK)を盛り付け、そのドレッシングをかけてお召し上がりください。

他に、天ぷらやフリッターも相性がいいです。

ポイントはChardnnayのバランスの良い酸味をレモンの感覚で料理に合わせることです!

次に、赤のピノ・ノワール。

本来、ピノ・ノワールには、鴨肉が一番合いますが、今回は、美味しいAustralianラムのグリルと合わせてみました。

塩コショウをして、ミディアムレアで焼き、グリークサラダの上にラムを盛り付け、ソース(醤油、わさび、オリーブオイルをボールに合わせる)をかけて、野菜と食すると、ピノ・ノワールの醤油との相性の良さから、ワインの香りが引きたちます。

他には、簡単に豚カツとディジョンマスタードの取り合わせでも、このピノ・ノワールは合います。

マスタードの酸味がお肉もワインも引き立たせます。

特に日本人には、ピノ・ノワールは、お肉と醤油との良い相性をイメージすると、マッチングが良くなります。

マスタードに数滴醤油を足しても良いですよね!

ワインを飲むからと、難しい料理や食べた事のない料理を作るより、普段食しているものを思い浮かべ、このワインには、こんな味が合うかな~とか、考えながらワインを楽しむと、自ずとワインと料理のマッチングが見えてくるでしょう。

次回は、オーストラリアでのワイナリー巡り事情をご紹介します。 お楽しみに!


You Might Also Like: